禅 今この時を生きる


人間禅

歴代総裁老師

歴代総裁老師

 【1】第一世耕雲庵立田英山老大師

第一世耕雲庵立田英山老大師

明治26年 東京市本所区に生まれる。
  39年 仙台第二高等学校入学。
  45年 仙台・北山東昌寺の摂心会(松島・瑞巌寺 盤龍老師)に初めて参加。
大正 3年 盤龍老師について見性。
   4年 東京帝国大学理学部動物学科入学。
   5年 両忘庵釈宗活老師に相見し入門。
      「英山」の道号を授与される。
   8年 東京帝国大学卒業。大学院に進み「脊椎動物の脳の発生」を研究。
   9年 志願兵にて習志野野砲連隊に1年間入営。
  10年 中央大学予科教授に就任。
  12年 「耕雲庵」の庵号を授与される。
昭和 3年 師家分上に補される。
   9年 日本歯科大学教授に就任。
  15年 宗教結社「両忘禅協会」が発足しその代表者に就任。
  16年 日本歯科大学教授を依願退職。
  19年 中央大学予科教授を依願退職。
  21年 宗教結社「両忘禅協会」と財団法人「両忘協会」を合併し
      宗教法人「両忘禅協会」が設立され、その主管者に就任。。
  24年 宗教法人「両忘禅協会」を戦後新たに宗教法人「人間禅教団」
      に改組し、推されて初代総裁に就任。
  44年 総裁を妙峰庵佐瀬孤唱老師(第二世総裁)に委嘱され、名誉総裁となる。
  50年 師家を辞任し、隠居される。
  54年 帰寂。世寿85歳。

 【2】第二世総裁妙峰庵佐瀬孤唱老師

第二世総裁妙峰庵佐瀬孤唱老師

大正 3年 台湾に生まれる。
昭和11年 中央大学法学部英法科に入学。
  12年 中央大学五葉会に入会。
      両忘庵釈宗活老師に入門を許される。
  13年 「孤唱」の道号を授与される。
  13年 中央大学卒業。
      南満州太興合名会社に入社。
  15年 応召。
  21年 中国より復員。
      戦後各社の役員を歴任の後、経営コンサルタントとして活躍。
  24年 人間禅教団に入団。
  35年 人間禅教団内に五葉塾を設立し、初代塾頭に就任。
  40年 「妙峰庵」の庵号を授与される。
  42年 師家分上に印可される。
  44年 人間禅教団・第二世総裁に就任。
  51年 帰寂。

 【3】第三世総裁磨甎庵白田劫石老師

第三世総裁磨甎庵白田劫石老師

大正 4年 東京に生まれる。
昭和 7年 東京帝国大学 和辻哲郎教授の下で哲学を学ぶ。
  10年 耕雲庵立田英山老師の公演を切っ掛けとして禅の修行を始める。
  12年 耕雲庵立田英山老師に入門。
  13年 帝大卒業後、文部省に入省。
  15年 「劫石」の道号を授与される。
  24年 新制千葉大学の発足と共に文学部助教授就任。
      住まいを人間禅・市川本部道場に移し、人間禅教団発足に尽力。
  29年 「磨甎庵」の庵号を授与される。
  47年 千葉大学・人文学部長に就任。
  52年 人間禅教団・第三世総裁に就任。
  56年 千葉大学定年退職と共に千葉大名誉教授に就任。
平成 8年 人間禅総裁を退任し名誉総裁となる。
  21年 帰寂

 【4】第四世青嶂庵古幹老師

第四世青嶂庵古幹老師

大正14年 岡山県倉敷市に生れる(旧姓「内藤」)。
昭和18年 陸軍予科士官学校入学。
  20年 熊本医科大学入学。
  24年 人間禅教団熊本支部創立に参画、耕雲庵英山老大師に入門。
  25年 熊本大学医学部卒業、精神科入局。
  25年 「古幹」の道号授与される。
  29年 熊本県立精神科病院勤務。
  35年 医学博士。
  36年 医療法人再生会内藤病院(精神神経科)を開設、
      理事長・院長となる。
  39年 内藤病院増床(211床)。
  49年 大事了畢 青嶂庵の庵号授与さる。
      社会福祉法人白日会を設立、理事長となる。
  61年 熊本県精神病院協議会々長就任(後に名誉会長になる)。
平成 8年 人間禅教団・第四世総裁就任。
  10年 病院長を長男と交代、理事長専任となる。
  10年 日本精神神経学会の精神科専門医認定。
      病院名変更「くまもと心療病院」に。
  18年 総裁辞任、名誉総裁就任。
  19年 帰寂。

 【5】第五世葆光庵丸川春潭老師

第五世葆光庵丸川春潭老師

昭和15年 生まれる。
  34年 耕雲庵立田英山老師に入門。
  35年 「春潭」道号授与される。
  38年 大阪大学理学部化学科卒業。
      住友金属工業株式会社和歌山製作所入社。
  57年 東北大学工学部工学博士。
  63年 坂東支部設立。支部長就任。
平成 4年 住友金属工業株式会社 総合技術研究所上席研究主幹。
   5年 庵号授与。
   8年 (中国)北京大学客座教授。
      (中国)鋼鉄研究総院技術顧問。
   9年 日本鉄鋼協会理事。
  10年 (中国)東北大学名誉教授。
  16年 師家分上印可授与。
  18年 人間禅教団・第五世総裁就任。現在に至る。


▲ページトップへ戻る