禅 今この時を生きる


人間禅

 人間禅とは

人間禅とは

 はじめに

「最近の世の中は目まぐるしく、天変地異、不況の嵐と一寸先は分かりませんが、何が起きても全てよしと受け止められる強い心を持ちたいと願っています。・・・」、これはある日の全国紙の投書欄の最後を飾ったある主婦の一文の抜粋です。
 全国紙ですので多くの人が目にしたでしょうが、恐らくは殆んどの人が覚えておられないのではないかと思います。それほど平凡な個人の日常を綴った文章の一部で、よく私共が見聞きするような内容のようではありますが、その実、今の私たちを取巻く社会環境の一面を的確に言い得ていて、殆んど異論を差し挟む余地のないくらいではないでしょうか。
 このように今の社会状況は「目まぐるしく」、これまでには想像だにできなかったような「天変地異」に見舞われ、「一寸先は分か」らないくらいに不明感が漂っています。そしてそのような世の移り変わりや出来事を伝える多くの情報が瞬時に駆け巡り、身の回りにあふれ、私たちの五感を揺さぶります。その様な情報の洪水の中で私たちの日常は不安が募り、生きていくための心のバランスをとり難い、どうも居心地の悪い世の中になってはいないでしょうか。それだからこそ人は日常に「笑い」求め、生活の中に「癒し」を採り入れることに大変なエネルギーを費やします。
 人は多くの場合、身の回りに起こる事、心に感じられることを頭の中の知識で考え、自分の経験に照らして理解し、それを基にして結論を導き出し次の行動を決め自らの考え方を作り出します。
 私たち〔人間禅〕は、そのような「今の自分」というものをいったん全て棚上げして、「自分の計らい」というものを一切放棄して、毎日の、限られた時間ですが座布団の上に座り、そして、自分の呼吸だけに精神を集中して、心の中に想起してくる色々な記憶やそれに連なる思いをその時間だけでも徹底的に排除する、その様な作業を毎日繰り返すことをしています。そのことにより、日々の生活にかまけて失われがちな、人間ならば誰しもが本来必ず持っているはずの「本来の自分」を少しづつでも思いおこし、人間として本来の生き方を取り戻そうとしています。
 私たちの〔人間禅〕は、明治の初頭、日本の文明開化がまさにこれから始まろうとしているそのさなかに山岡鉄舟、中江兆民、高橋泥舟ら当時の慧眼の人達が、時代の転換点の騒然とした世の中にあっても「人」として激動期のこれからの日本を背負っていける人物を育み世に送り出す必要を痛感し、それには「坐禅による人格形成」が最も相応しい、との考えによって立ち上げられた「人づくりの会」です。
今、私たちは、このような先達の志の流れを受け継ぐと共に、その基となった「禅」が本来備えている「人間形成のための最も有効な手段」として、私たちもそうなのですが一般社会にあって働き、学びそして生活している人達、いわゆる在家の人達も「禅」の修行をすることにより「心が定まり」、「人間力」を養うことができるような場を得たいと願って集まってきています。そして、そこでは私達は、私達自身の意思で運営し、自分達の分に添って修行し、夫々が自分磨きに日々励んでいます。
詳しくはどうぞメニューボタンを選んでクリックして内容をご覧ください。

 人間禅について

「禅」は、紀元前5世紀のお釈迦様から始まりその後6世紀の達磨大師の中国への伝来を経て、更に13世紀に我が国へもたらされました。「人間禅」は、今に至るまで脈々と受け継がれてきた「正脈の法」を受け継ぐことを許され、それを今日まで担っている「居士禅の会」の団体であります。
※ 人間禅の歴史につきましてはメニューの中の〔人間禅の歴史〕を参照して下さい。
又、居士禅につきましてはこの後に続いてご説明しますと共に、メニューの中の〔居士禅〕でも説明をしてあります。

「人間禅」の前進である居士禅の会の「両忘会」は明治初頭に発足、その後「両忘禅協会」等に名称を変更しつつ続けられてきましたが、戦後間もない昭和23年10月に「宗教法人・人間禅教団」という新しい団体として再結成されました。それまで両忘禅協会を指導されてこられた両忘庵釈宗活老師の、その法を受け継いだ耕雲庵立田英山老師がその人間禅教団の総裁に就任されました。
ここに、従来の禅寺にあるような専門の出家僧が中心となって行われる「禅の修行」が、われわれ一般社会にあって職に付き、学業を学び、家庭を営む、通常の生活をする在家の人達にも「居士禅」として正脈の法に基づく禅の修行がかなえられることとなりました。
因みに、耕雲庵老師の社会歴は、旧姓第二高等学校を出て東京帝国大学で生物学を研究された自然科学者であります。

昭和24年3月に正式発足した「人間禅教団」は、その76年前に結成された「両忘会」の設立趣旨と特徴をそのまま引き継ぐと共に、そこに更に、新たな特徴をも加味しています。即ち、

  1. 人間形成、即ち人づくりの禅会である。
  2. 脱俗出家した僧侶を対象としたものではなく一般社会人(居士)を対象とした禅会であるが、禅修行の形はそのまま継承しつつ、そのなかにも「一般社会人を対象」とするための新しい特徴も兼ね備えている。修行の中核を担う師家は在家のままの居士が就任する。
  3. 従来の僧堂にはない革新的な『立教の趣旨』を制定し、公に宣布している。
  4. 同じく、従来の僧堂では内部で口伝されてきた多数の公案の中からそれを厳選し、更に、境涯の浅深に沿って段階的に整理された「二百則」を『瓦筌集』として制定し、一般にも公開している。
  5. 設立時の時代背景にあった戦後民主主義を組織の中に一早く反映し、民主的な組織運営を徹底すべく新しい時代に則した規則・細則を制定している。
  6. 法輪・法務と食輪・総務を明確に区分し、その運営に当っての資源はその構成員の会費に依っている。

等の各項目を特徴としています。ここに従来の伝統的な寺院における禅とは全く異なった新たな「禅」の道が開かれたのであります。

 摂心会について

摂心会について

参禅弁道(坐禅)

本格的に禅の修行をするためには、古来から「正脈の師家」に参じることを求められていますが、そのことを「参禅弁道」といいます。
「摂心会」とは、本格の修行をするために一定期間、専門の道場に泊り込んで「参禅弁道」を積み重ねることです。これをすることにより、坐禅の修行の主眼である「自己の真面目」を自ら明らかにしていくことを目指します。
この「自己の真面目を自ら明らかにしていくこと」を「見性悟道」といいますが、これを達成するにはこの摂心会の場が最も相応しいといえます。
そして「参禅弁道」とは、各人がそれぞれの修行によって得た自己の見解を、各人が個別に、正脈の師家の前に提示しその浅深・邪正を鑑別してもらい、それを積み重ねていくことにより、その人自らの「悟道の境涯」(悟りの深さ)を高め、その後の粘り強い継続と更なる高みへと自分を奮い立たせる力を養うことができます。

 人間禅への入門と入会について

人間禅への入門と入会について

人間禅で修行するには「入門」して、その後正式に「会員」になることが必要です。そして、会員は摂心会において参禅弁道をすることができます。
この「入門」をするには、人間禅のことを理解し、師家に対し「心からの信」をおくことができるかどうか、入門して修行を始めるからには永続的に続ける自覚をもつこと、などが本人に求められ、更には、自身の分に見合った範囲でではありますがある程度の経済的負担も伴うことも理解されることが必要です。
これらのことの前提として、入門の前に何回かの摂心会に新到者(初心者)として参加し、そこで正しい坐相を身に付け、数息観(「数息観」に付いてはメニューの〔数息観〕を参照して下さい)を実修することが望まれます。そして、日々の日常の生活においても「毎日一炷香(「一炷香」とは長めのお線香一本分の燃え尽きる時の永さ約45分間で、正式な坐禅で坐る時間の目安としています)」を欠かさぬことが必須とされます。
これらのことを踏まえた上で、本人も心からの入門を希望し、又、師家からみても入門することが妥当であることが明らかになって、始めて「入門」が許されます。 そして、入門後は速やかに「入会」し、人間禅の正式な会員としての本格的な修行と道場内での役割を担っていきます。

 人間禅の名誉会員制度について

「名誉会員」とは、先に挙げた『立教の主旨』に賛同頂くと共に、人間禅の会員としてではなく、外部から人間禅の活動をバックアップして頂く方々で、会員と共に手を携えて人間禅の活動を世に広めて行くことにご参加くださる方々です。名誉会員になって頂ける方は次のような方々です。

【1】会員を家庭で支えておられる家族の方々。
【2】会員の活動に理解をもって、その支援の意思のある方々。
【3】道場の所在する地域にあって道場と繋がりのある方々。
【4】かつて修行をされた経験をお持ちの方々。
【5】人間禅の活動に理解のある、社会に影響力のある著名な方々。

 静坐会について

人間禅では、全国に24の支部及び禅会(平成24年度)がありますが、夫々の地域でその地域の支部所属或いは個人で「静坐会」を開いており、その数は40カ所以上になります。

「静坐会」は、その地域に住まわれる方々の
 「禅とはどんなものか知りたい」
 「禅には興味を持っているが、先ずは試みに体験してみたい」
 「静かな場所で静寂の時間を坐って過ごしてみたい」
等々のニーズにお応えするために、定期的に静坐会を開いています。

ご興味のある方は、この人間禅ホームページの〔トップページ〕の下段に掲載されている各地域の支部・禅会の一覧表が夫々のホームページにリンクされておりますので、支部・禅会の名前の部分をクリックするとそのホームページに飛び、その個々のホームページの中でお近くの「静坐会」の場所・連絡先等が表示されます。
又、夫々の「支部・禅会」のホームページでは、「ご質問」、「お問い合わせ」等にもお応えする連絡先、ブログ等の機能も備えています。